【株式投資戦略】本格上昇の条件とは

日経平均は底堅さを確認

11月第2週(12~16日)の日経平均株価は、週足ベースで長大陽線をつけて13週線、26週線を奪回した。6、7、10月、それに11月13日につけた安値同士を結んだ下値支持線は、きれいに切り上がっている。米国株が崩れた中で、日本株の“独歩高”を演出したのは、次期新政権による金融緩和推進や公共投資の拡大期待だ。

野田佳彦首相の衆院解散発言以降の相場を見ると、これまで売り込まれていた大型輸出関連株が買い戻されている。また不動産株や建設株も上昇している。売買代金も膨らみ、久々に活気が感じられるのは良い傾向だ。

ただ現時点では、安いところから戻しただけと見ることもできる。日経平均は9月高値9288円を明確に上抜けない限り、上昇トレンドへ転換したと判断を下すのは時期尚早だ。もし同水準を突破できれば、3月高値1万0255円まで大きなフシらしいフシはなく、上昇に弾みがつくだろう。一方、年内の下値余地は8600円水準までと限られそうだが、上値については①9300円までで頭打ち、②一気に1万円近くまで、のどちらに転ぶか、現時点では見通しにくい。②が実現するには米国株の持ち直しも必要だろう。

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。