【株式投資戦略】本格上昇の条件とは

日経平均は底堅さを確認

11月第2週(12~16日)の日経平均株価は、週足ベースで長大陽線をつけて13週線、26週線を奪回した。6、7、10月、それに11月13日につけた安値同士を結んだ下値支持線は、きれいに切り上がっている。米国株が崩れた中で、日本株の“独歩高”を演出したのは、次期新政権による金融緩和推進や公共投資の拡大期待だ。

野田佳彦首相の衆院解散発言以降の相場を見ると、これまで売り込まれていた大型輸出関連株が買い戻されている。また不動産株や建設株も上昇している。売買代金も膨らみ、久々に活気が感じられるのは良い傾向だ。

ただ現時点では、安いところから戻しただけと見ることもできる。日経平均は9月高値9288円を明確に上抜けない限り、上昇トレンドへ転換したと判断を下すのは時期尚早だ。もし同水準を突破できれば、3月高値1万0255円まで大きなフシらしいフシはなく、上昇に弾みがつくだろう。一方、年内の下値余地は8600円水準までと限られそうだが、上値については①9300円までで頭打ち、②一気に1万円近くまで、のどちらに転ぶか、現時点では見通しにくい。②が実現するには米国株の持ち直しも必要だろう。

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。