帝国ホテルのチョコ、バカ売れの理由

椿山荘カレーやユネッサン入浴剤も人気

1971年に「帝国ホテルの味をご家庭で」をコンセプトに開店したガルガンチュワは、「ホテル内店舗では売り上げ日本一」(池本氏)を誇る。焼きたてパンや手作りスイーツに加え、ホテル内のフレンチレストランの味にこだわったスープが1缶500円弱から購入できる。スープは缶詰の加工品だが、総料理長が子会社インペリアル・キッチンの工場に出向いて指導、秘伝のレシピを再現した。

価格でなく「上質なものを家庭でも」にこだわる

好調なホテルPBは帝国ホテルだけではない。藤田観光では、運営する椿山荘や大阪の太閤園など6施設にあるオリジナルカレーのレトルト商品が人気だ。60年前の開業当初から親しまれた椿山荘の「欧風カレー」に加え、太閤園の「網島ビーフカレー」、フォーシーズンズホテルの「ビストログリーンカレー」が各600円で購入できる。

椿山荘レストランの「欧風カレー」がレトルトで楽しめる

提携メーカー製だが、こちらも各施設のレストランの総料理長が工場で監修した。「オリジナルの欧風カレーをそのままレトルトにすると脂が浮いてしまうなどの欠点があるため、下処理を変えたりしている」(松山元信・企画グループ部長)。単なる模倣ではなく、口の中での味わいの再現にこだわっているのだ。

パッケージにもひと工夫あり、それぞれの施設のイメージを若手芸術家が絵で表している。「伝統文化と歴史を重視するグループの姿勢を芸術にも反映し、これからの日本を担う人材を発掘したい」(企画グループの柴田訓課長)。各施設では6種類すべてが購入できるが、当該施設ブランドのカレーが最も売れ行きが良い。

やはり「宿泊体験を家庭でもう一度」、あるいは「友人・知人にも感動を分けてあげたい」というニーズが多いのだろう。分量は160~180グラム程度のNB(ナショナルブランド=メーカー製の定番ブランド)品より多い220グラム。「親子で食べるのにちょうど良いサイズにした」(松山氏)。

箱根小涌園「ユネッサン」の各種風呂が体験できる入浴剤

また、藤田観光が運営する箱根小涌園では、温浴施設「ユネッサン」の変わり種風呂を家庭で体験できる入浴剤も販売している。露天ワイン風呂、本格コーヒー風呂、酒風呂、ラーメン風呂など、NB品ではまず商品化されないだろう。レトルトカレー、入浴剤とも、ネット通販でも購入が可能だ。

ホテルブランドのPBの最大の特徴は「価格より質」。NBの真似はせず、スーパーやコンビニのPBより割高なのは、上質の素材にこだわり、原価も高いため。施設でのおもてなしに匹敵する味へのこだわりが、ホテルPBへの信頼と支持を支えている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT