さらばフォーシーズンズ、椿山荘が衣替え

外資系の先駆け、和に回帰

藤田観光が運営する「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」が、隣接する婚礼・宴会・レストラン施設の「椿山荘」と一体化し、2013年1月1日から「ホテル椿山荘東京」にリブランドする。

「外資系」先駆けから、「和」をアピールへ

同ホテルは外資系ラグジュアリーホテルの先駆けとして1992年に開業。が、フォーシーズンズホテルとのフランチャイズ契約は約20年間で終了し、今後は日本の歴史や伝統を国内外にアピールしていく。

12月5日に椿山荘で行われた記者会見。右から、田口泰一副社長、八丁地園子常務、ホテル椿山荘東京の総支配人に就任する浦嶋幸一取締役

12月5日に椿山荘で行われた記者説明会で、八丁地園子常務は「92年に世界で23カ所だったフォーシーズンズホテルは現在92カ所。当初は施設ごとの個性を尊重していたが、今はチェーンのルールがある。当社がナショナルフラッグシップホテルとして特色あるサービスを提供するには、チェーンの中の1ホテルでは限界があった」と、ブランド変更の理由を語った。

次ページ山県有朋が命名
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。