さらばフォーシーズンズ、椿山荘が衣替え

外資系の先駆け、和に回帰

藤田観光が運営する「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」が、隣接する婚礼・宴会・レストラン施設の「椿山荘」と一体化し、2013年1月1日から「ホテル椿山荘東京」にリブランドする。

「外資系」先駆けから、「和」をアピールへ

同ホテルは外資系ラグジュアリーホテルの先駆けとして1992年に開業。が、フォーシーズンズホテルとのフランチャイズ契約は約20年間で終了し、今後は日本の歴史や伝統を国内外にアピールしていく。

12月5日に椿山荘で行われた記者会見。右から、田口泰一副社長、八丁地園子常務、ホテル椿山荘東京の総支配人に就任する浦嶋幸一取締役

12月5日に椿山荘で行われた記者説明会で、八丁地園子常務は「92年に世界で23カ所だったフォーシーズンズホテルは現在92カ所。当初は施設ごとの個性を尊重していたが、今はチェーンのルールがある。当社がナショナルフラッグシップホテルとして特色あるサービスを提供するには、チェーンの中の1ホテルでは限界があった」と、ブランド変更の理由を語った。

次ページ山県有朋が命名
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。