アマゾン「独自動画」は日本でもウケるのか

ディーン・フジオカ主演作品などを続々投入

プライム・ビデオはオリジナル作品「仮面ライダーアマゾンズ」を放映中。ちゃっかり1970年代の「アマゾン」をよみがえらせたのはご愛嬌か

オリジナル作品の展開強化の主目的は、プライム会員や個別ビデオのストリーミングなど課金への誘引力を高めることにある。しかし、それ以外にも大きな狙いがありそうだ。

一般的に、自社でオリジナルコンテンツを制作・配信する場合、ライセンス契約などでコンテンツを集めるのに比べて、制作費など初期費用の負担が膨らむ側面がある。その一方で、多国間での展開や映像作品の販売が容易になるといったメリットがあり、作品がヒットすれば、より大きな見返りが期待できる。

日本で制作するオリジナル作品は、今後、プライム・ビデオを展開する海外市場でも配信を進める計画だ。第1弾の「仮面ライダーアマゾンズ」は9月から米国などでも配信が始まる。

継続的なコンテンツ強化策が必須

アマゾン日本法人のプライム・ビデオ・コンテンツ事業本部長であるジェームズ・ファレル氏は「あらゆるジャンルの番組について、アマゾンが営業するすべての国で、展開していく」と力を込める。コンテンツの作り手や演者にとっても、アマゾンを通じてスピード感のある形で世界に向けて勝負を挑むことができる。この魅力は大きいだろう。

ただ、今後は競合サービスと利用者の獲得競争に加えて、テレビ局や制作会社など、コンテンツの作り手の奪い合いも激化するのは間違いないだろう。日本でも視聴者を惹き付けるオリジナル作品を安定的に供給し続けられるのか。

優れたコンテンツを充実させることで利用者を呼び込み、それが新たなコンテンツ供給の呼び水になるような生態系を作るには、一過性に終わらない粘り強い取り組みが必要になるはずだ。

(撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT