アマゾン「独自動画」は日本でもウケるのか

ディーン・フジオカ主演作品などを続々投入

アマゾンは、米国でコンテンツ制作部門の「アマゾン・スタジオ」を立ち上げ、外部の制作会社などと組んで配信コンテンツを自前で作る態勢を整備してきた。

ロイ・プライス氏は「ユニークな作品を作る」と強調する

プライム・ビデオのコンテンツ戦略を担うアマゾン・スタジオのロイ・プライス代表は「オリジナル作品は3年前、グローバル規模の競争が激しい中でも際立つ、ユニークな作品を作るために始めた」と説明する。

実際にアマゾンのオリジナル作品は、取り組みが先行する米国では人気と評価の両面で順調に実績を積み上げている。2015年には家族ドラマ「トランスペアレント」が、ドラマを対象にした賞の最高峰と言われる米エミー賞や米ゴールデングローブ賞の複数部門で受賞したのが代表例だ。

そのほかにも、クラシック音楽業界の人間模様を描いた「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」など複数の受賞作を生み出している。

ディーン・フジオカ主演のドラマも

今回の発表の骨子は、米国と同様のオリジナル作品制作の仕組みを日本でも本格的に始動させることにある。アマゾンは2016年中に日本向けとして、ドラマやドキュメンタリーなど約40本のオリジナル作品を発表予定で、その半数の約20本を日本制作の作品が占める見通しだ。

会見では「仮面ライダーアマゾンズ」など、すでに今春から配信が始まっている作品も含めて12作品を紹介。6月にはディーン・フジオカさんらが出演する結婚をテーマにした恋愛ドラマ「はぴまり~Happy Marriage!?~」などを新たに配信する。「はぴまり」は、円城寺マキさんの累計180万部の人気コミックを実写化したものだ。

日本での作品制作を強化する理由について、プライス氏は「どの市場でも、身近に感じられる作品が求められているからだ」と述べる。国際的な作品とそれぞれの市場に特化した作品の両方を提供していく方針という。

次ページコンテンツ拡大の生態系を作れるか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。