違うようで実は同じ?目立つあいまい公約

総選挙2012 第1回

 

出そろったマニフェストを眺めて気づくのは、主要政党はいずれも政治改革を掲げていることだ。民主党は「議員定数の削減と世襲の禁止」を言い、自民や公明も議員定数の削減に触れている。だが、「議員宿舎売却や公用車の原則廃止など、議員特権の廃止」(みんな)というさまつな主張ばかりが目立ち、奇抜な政策で選挙のたびにコロコロ変わる政治家の質を引き上げ、まっとうな政策を決められる政治をどのように実現するかに切り込むことはない。

今回の総選挙で問われているのは、脱原発でもなければ、消費増税の是非でもなく、ましてや日銀に建設国債を買わせることでもない。最優先で問われるべきは、三流ですらなくなった政治の質の向上なのだが、残念ながらその兆しは見えない。

(本誌:山田徹也、山本直樹=週刊東洋経済2012年12月8日号)

(撮影:尾形文繁)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。