「反対ばかりする人」は、実は頼りになる人だ

こうすれば一転「強力な賛成者」に変わる

 

当初はほとんどが無関心層だ。ごく少数の賛同者と、少数の反対派しかいない。そこで少数の賛同者でプロジェクトを進めるとともに、反対派の中で合理的な理由で反対している人たちと弁証法的議論を行い、プロジェクトをよりよくしていく。これにより、反対派が賛同者に変わっていく。

新たな反対派が出てきても

上の画像をクリックすると、アマゾンの販売ページにジャンプします

一方で賛同者が徐々に増えてプロジェクトの影響力が高まると、それまで無関心だった人たちへの影響力が生まれ、無関心層が関心を持つようになる。しかし多くの場合、人は従来の方法を変えようとしない。そこへ新しい方法が生まれると反発してしまい、まず反対するという行動を取りがちだ。しかし反対するのは、興味を持っていたり、利害があるからだ。見方を変えると、これは変革が進んだ証拠でもある。そこで新たに生まれた利害の問題を解決し、新たな反対派が賛成できる状況を作ることで、プロジェクトをさらに進化させる。

変革プロジェクトは、この繰り返しだ。反対派や無関心層は、時間とともに入れ替わる。反対派が次々と出てくるのは、裏を返せば、成功が広がりつつある証でもあるのだ。

だからこそ新たな反対派と出会った時は、むしろプロジェクトをレベルアップするチャンスだ。相手を尊重しつつ、弁証法的議論を継続する。重要なことは「和を以て貴し」とばかりに安易な妥協をしないことだ。折衷案的な妥協は、せっかくの原石を磨くチャンスなのに、磨くこともせずに原石をそのまま捨てているようなものだ。

反対派は、未来の賛同者だと考えれば、新規プロジェクトは成長していくはずだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT