株価がむしろ持ち直し始めている2つの理由

懸念も行き着くところに行けば反転に向かう

このため、12日(木)の株式市場においては、トヨタ株のみならず、輸出株を中心として全般に売り込まれる、との懸念も聞こえていたが、日経平均は前日比小幅プラスで引け、底固さをみせた。

もちろん、足元の企業収益が不振だ、ということ自体は株価の好材料ではありえないが、その懸念は相当市場で取り沙汰されてきた。2016年度の企業収益は、前年比で減益だろうとの観測が有力であったように。これに対し、日本経済新聞社の集計によれば、13日(金)までに決算発表を終えた3月決算企業1463社の合計(金融と電力を除く)では、企業側が見込む連結経常利益は前年比3%増と、小幅ながら増えると報じられている。

書影をクリックするとAmazonのページにジャンプします

また、証券会社のアナリストの収益予想については、野村証券のリビジョンインデックス(アナリストの利益の上方修正と下方修正の度合いを示す)は、3月末でマイナス25.6%と、大幅なマイナスとなっている(昨年12月末は、マイナス4.3%、その前はプラス)(リビジョンインデックスについては、拙著「勝率9割の投資セオリーは存在するか」でも解説している)。

このマイナス25.6%という数字は、予想修正が行なわれなかった銘柄が無いとして、上方修正と下方修正が1対2(マイナス33.3%)と2対3(マイナス20%)の間くらい、ということになる。すなわち、だいぶ前から、アナリストの収益見通しの下方修正も、相当進んでしまったと言える。さらに、足元の決算発表で公表された、企業側の慎重な収益見通しに沿って、証券会社等のアナリストが最後の下方修正をやりつくす、という展開も否定できない。

つまり、市場の収益懸念や、アナリスト予想の下方修正も、いっぱいのところまで進んでしまえば、あとは反転するしかないのだろう。

引き潮はいずれ満ち、新月は膨らむ

藤原道長は、「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」と詠んだが、いつまでも欠けない望月はない。だから満月になる前の、十四番目の月が一番好きだ、とユーミンも歌ったわけだが、逆に新月はそのあと膨らみを増すわけだ。引き潮も、そのあとはいずれ満ちてくる。

寄せては返す波のように、国内株価も、円相場が、企業収益が、政府の経済対策が、日銀の金融政策が、海外経済・市場がと、上下に振れ続けることになるだろう。先週末13日は米国株価が一部小売企業の決算を嫌気して下落したため、それを受けて今週の滑り出しは、日経平均株価は下押ししてのスタートとなりそうだ。

しかし大きな潮の流れは、三番目に暗いところを通過した現在、当面は明るさを増してくるものと考えている。そうしたなかで、今週(16日~20日)の日経平均株価は1万6200~1万7000円を予想する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT