中国向け輸出減など響き3カ月連続低下

【9月鉱工業指数】

経済産業省は10月30日、2012年9月分の鉱工業指数速報を発表した。9月の季節調整済指数は、生産が3カ月連続の低下となり、前月に比べ4.1%低下した。指数水準は86.5となった。エコカー補助金が終了した自動車を筆頭に一般機械工業、鉄鋼業などで生産の低下が目立った。製造工業生産予測調査では、10月に前月比1.5%の低下となった後、11月は同1.66%の上昇が予測されているが、「総じてみれば生産は低下傾向にある」とまとめている。


生産の低下への寄与度の大きかった自動車は5カ月連続の低下だが、9月は前月比12.6%の低下と一段と落ち込んだ。また日中関係の急悪化を受け、軸受け、ショベル系掘削機械、鉄鋼などの減少も影響した。

 一方、9月の在庫は前月比0.9%の低下と2カ月連続の低下となったものの、出荷の低下により、在庫率は前月比4.2%の上昇と2カ月ぶりに上昇した。

 製造工業生産予測調査では、10月の低下は情報通信機械工業、鉄鋼業などの低下を見込み、11月の上昇は電子部品・デバイス鉱業、電気機械工業、化学工業などの上昇を見込んでいる。


 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT