覚悟を決めるべき、のらりくらりの「野田どじょう首相」

塩田潮の政治Live

 

臨時国会で本格論戦が始まった。

脱デフレ、外交、消費税増税関連の諸問題など重要課題が山積だが、政界の関心は衆議院の解散問題一色である。フリーハンドの確保に懸命の野田首相に対して、自民、公明両党は「近いうちに」という首相の言葉を盾に早期解散を要求し続ける。自公両党は来年度予算の編成前に総選挙に持ち込み、新政権での予算編成を狙う。首相はその予算編成を自ら行い、その上で総選挙に臨むという筋書きのようだ。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。