覚悟を決めるべき、のらりくらりの「野田どじょう首相」

塩田潮の政治Live

 

臨時国会で本格論戦が始まった。

脱デフレ、外交、消費税増税関連の諸問題など重要課題が山積だが、政界の関心は衆議院の解散問題一色である。フリーハンドの確保に懸命の野田首相に対して、自民、公明両党は「近いうちに」という首相の言葉を盾に早期解散を要求し続ける。自公両党は来年度予算の編成前に総選挙に持ち込み、新政権での予算編成を狙う。首相はその予算編成を自ら行い、その上で総選挙に臨むという筋書きのようだ。

 

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
  • ワインの常識10
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。