石原前都知事、真の狙いは「父子連携」?!

塩田潮の政治Live!

第三極結集を唱えて国政復帰を目指す石原前東京都知事が、11月3日の橋下大阪市長との京都会談に続き、8日に国会内でみんなの党の渡辺代表とも協議した。

1030日のたちあがれ日本の会議で「小異を捨てて大同に」と説いたように、石原氏は政策の一致よりも結集を優先させる姿勢である。京都行きの翌4日の朝、フジテレビの番組「新報道2001」に1時間半、生出演し、私もスタジオでおつきあいした。80歳という年齢を感じさせない独演で、ここでも「選挙は日本維新大連合で」「大同団結を」と繰り返し強調した。

気になるのは石原氏の「大同」の狙いだ。

次期総選挙の争点となる原発政策や消費税増税について「対応は大事だが、些細な問題」と言い、これらを「小異」と位置づけている。1025日の都知事辞任の記者会見で、在任中の「国の妨害」を取り上げ、中央官僚制度の改革を訴えた。大きな目標に違いないが、それが「大同」の最大の眼目とは思えない。

最大の狙いは、憲法改正か

実は現代の政治は、体制、外交の基本路線、財政の将来像など、大きな政治選択という点では、民主党、自民党も含め、政党間に1980年代以前のような決定的な対立はなくなっているといっていい。主要な対立軸は、具体的な政策、その実行システムや統治機構のあり方などで、石原氏らの第三勢力も例外ではない。

言ってみれば、既成政党、第三極も含め、政党政治は「大同」の下で「小異」を競う時代だ。政党は政策と実現力が問われる。

百戦錬磨、頭脳明晰の石原氏は、それも承知で「小異を捨てて大同に」と唱えているに違いない。

では、「大同」によって何を成し遂げたいのか。都知事辞任会見で「国政で解決したい問題はいくつかあるが、最たるものが憲法」と語った。「最後の御奉公」は憲法改正、と考えているようだ。だが、4日の「新報道2001」で、「息子の伸晃前幹事長が大きな勢力を持つ自民党との総選挙後の連携は」という私の質問に、石原氏は即座に「是々非々で」と答えた。

もしかすると、「大同」の裏に「父子連携」を視野に入れた石原氏の政界再編戦略が隠されているのかもしれない。だとしても、計算どおりに運ぶかどうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT