東芝次期社長は綱川智副社長の昇格で調整 

指名委員会が連休明けに固める人事案とは?

 4月24日、東芝の室町正志社長(66)の後任として綱川智副社長(60)の昇格が有力になった。写真は本社に掲げられた東芝のロゴ。東京で昨年11月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 24日 ロイター] - 東芝の室町正志社長(66)の後任として綱川智副社長(60)の昇格が有力になった。同社の指名委員会(委員長=小林喜光三菱ケミカルホールディングス会長)は大型連休明けに経営陣の人事案を決める予定だが、関係筋によると、綱川氏の社長就任を軸に最終調整が続いている。

不正会計問題で経営が悪化した同社は、医療機器事業の売却など大規模なリストラに一定のめどをつけたことで経営トップを刷新し、再建を軌道に乗せたい考え。次期社長は6月の株主総会を経て就任し、室町氏は退任する方向だ。

(浜田健太郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT