東芝次期社長は綱川智副社長の昇格で調整 

指名委員会が連休明けに固める人事案とは?

 4月24日、東芝の室町正志社長(66)の後任として綱川智副社長(60)の昇格が有力になった。写真は本社に掲げられた東芝のロゴ。東京で昨年11月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 24日 ロイター] - 東芝の室町正志社長(66)の後任として綱川智副社長(60)の昇格が有力になった。同社の指名委員会(委員長=小林喜光三菱ケミカルホールディングス会長)は大型連休明けに経営陣の人事案を決める予定だが、関係筋によると、綱川氏の社長就任を軸に最終調整が続いている。

不正会計問題で経営が悪化した同社は、医療機器事業の売却など大規模なリストラに一定のめどをつけたことで経営トップを刷新し、再建を軌道に乗せたい考え。次期社長は6月の株主総会を経て就任し、室町氏は退任する方向だ。

(浜田健太郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT