ブリヂストンが目指す売上高4兆円計画

設備投資は年間平均で2500億円規模を継続する。約半分を新興国市場での増産投資や特殊タイヤ増産などに投入、半分を既存工場の更新・効率化投資や研究開発投資に振り向ける。リーマンショック以降、09~11年は1800億~2000億円程度に投資を抑制していたが、12年は2850億円を計画しており、同程度の水準を継続する。

事業拡大を進めるうえで、気になるのがタイヤ業界の常套であるM&A。津谷正明CEOは、「可能性は排除しない」としたものの、あくまで「戦略ありき」との構えだ。

株主還元の方針に関しては、江藤彰洋・常務執行役員CFOは、「固定的な配当性向は決めず、業績に応じて安定配当する」ことを基本としつつ、「グローバルカンパニーの標準として配当性向は最低15%からある程度の幅で考えている」とした。

なお、中国市場については、中国での売り上げ構比率が約6%と小さいうえ、直接影響が出ているのはそのうちの日系自動車メーカー向け新車用タイヤに限られるため、影響は軽微という。ただ、市販用タイヤの販促活動を自粛せざるをえない状況が続いており、今後の営業に影響が出る懸念を示している。

(丸山 尚文 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。