糖尿病の足切断防ぐ新ステントを国内初投入--米医療機器大手副社長に聞く

拡大
縮小


--アジア・太平洋地域での売り上げの見通しは。

5年以内には保守的にみても8億ドルの売り上げは達成できるだろう。「アジア・太平洋地域」に含まれるのは現在、9カ国だが、15カ国に広がってくる。同地域全体の今年の売り上げは07年度の欧州地域のそれを上回るだろう。来年には10年時点での欧州の売り上げを上回る見込みだ。

新たな市場として注目しているのはインドネシア。4人で構成されたタスクフォースを作り、今後の展開を検討しているところだ。人口の多さは魅力。天然資源にも恵まれており、それを受けて医療分野も洗練されてきている。同国が豪州に近いのも当社には有利だ。

ベトナムへの期待も大きい。インドネシアに比べると成長のスピードはゆっくりだが、中間層も拡大しており、ヘルスケアは大変魅力的な分野だ。


Barry Thomas
ジョンソン・エンド・ジョンソンメディカル社を経て、2001年にクックメディカル入社。現在、豪州にあるクック社のマネージング・ディレクターも務める。

(聞き手:松崎泰弘 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT