VW「トゥアレグ」の魅力はどこにあるのか

ホットな高級SUV市場における競争力

高級SUVはホットな市場だ。セダンの上質さと、いわゆるヨンクの走破性と、多機能性。欲張りなユーザーの要求を満たしてくれるモデルだからだ。トゥアレグ(637万円~)は、フォルクスワーゲンの肝煎りなだけあって、ライバルを向こうに回して奮闘している。

センターとリアのデフロック機能付きフルタイム4WDシステムが組み合わせられる

トゥアレグのライバルにはどんなモデルがあるだろうか。先頃フルモデルチェンジを受けたBMWのX3は全長4.7mとボディサイズは近いが、エンジンと価格のバランスはまったく異なる。

価格でいうと、2リッター4気筒モデル(591万円~)か、2リッター4気筒ディーゼルモデル(614万円~)がほぼ対等。ラインナップには3リッター直列6気筒搭載モデルがあるが、747万円とだいぶ高い。アウディ・Q5は2リッター4気筒モデルで価格がほぼ同等の627万円だ。

V6ガソリンエンジンと4輪駆動システム、それに全長4.8mの余裕あるサイズのボディという組み合わせを持つトゥアレグは、つまり、ドイツ車の中ではお買い得モデルといえる。価格面では、レクサスが近い。

全長4.6メートルとやや小ぶりのレクサス・NXは2リッター4気筒(AWDで454万円~)か、2.5リッター4気筒ハイブリッド(AWDで518万円~)。同RXの場合、ボディ全長はほぼ同じである。2リッター搭載モデル(AWDで521万円~)と、3.5リッター6気筒ハイブリッド(AWDで628.5万円~)。

トゥアレグならではのキャラクターは、エンジンの楽しさを味わえるところにある。

トゥアレグの魅力

変速機は8段オートマチック

フォルクスワーゲン・トゥアレグの魅力はどこか。大型SUVとはいえ、4気筒へのダウンサイジングをはじめ、ディーゼル、ハイブリッドなどが多くなってきた昨今、大排気量多気筒ガソリンエンジンは貴重になりつつある。

メルセデス・ベンツポルシェにもあるが、価格的な差が大きい。600万円を超えるトゥアレグの価格は、けっして安くはない。それでもライバルよりずっと手軽に、高回転まで吹け上がりもよく、静粛性にも富んだガソリンV6エンジンの魅力を堪能できる。そこに特長がある。

次ページ走行時の感覚は上質感がある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT