VW「トゥアレグ」の魅力はどこにあるのか

ホットな高級SUV市場における競争力

車体寸法は全長×全幅×全高=4815×1945×1745ミリ

上質で余裕あるサイズのSUVを探しているなら、フォルクスワーゲン・トゥアレグはどうだろう。オフロード性能も高く、走りも意外なほど楽しい。

フォルクスワーゲンにとって初の本格的SUV

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

フォルクスワーゲン・トゥアレグは、フォルクスワーゲンにとって初の本格的SUV。初代は2003年に登場し、2007年にフルモデルチェンジ。2015年に変更を受け、エクステリアの一部が変わるとともに、安全装備が充実した。

トゥアレグV6に搭載されるのは、3.6リッターV6エンジン。低回転域から太いトルクを発生する。力がたっぷりあるので加速性がいい。加えて、ステアリングホイールを切ったときの車体の動きは大きさから期待する以上に俊敏だ。オフロードの走行性能をはじめ、高速道路でもカーブが連続する道でも、運転する楽しさを味わわせてくれる。

次ページトゥアレグのライバル車とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT