丸紅も資源等で計1200億円の損失を計上

2016年3月期純益は1850億円から650億円に

 4月18日、丸紅は、資源および非資源関連で計1200億円の損失を2016年3月期の決算に計上すると発表した。写真は都内で2012年5月撮影(2016年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 18日 ロイター] - 丸紅<8002.T>は18日、資源および非資源関連で計1200億円の損失を2016年3月期の決算に計上すると発表した。資源関連の減損損失が750億円、非資源の海外プラントの損失引き当てが450億円。

同社はこの損失計上にともなって、2月に発表していた業績予想を下方修正した。税引き前利益は2200億円を1000億円に、当期利益は1850億円を650億円に、親会社の所有者に帰属する当期利益は1800億円を600億円に引き下げた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。