丸紅も資源等で計1200億円の損失を計上

2016年3月期純益は1850億円から650億円に

 4月18日、丸紅は、資源および非資源関連で計1200億円の損失を2016年3月期の決算に計上すると発表した。写真は都内で2012年5月撮影(2016年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 18日 ロイター] - 丸紅<8002.T>は18日、資源および非資源関連で計1200億円の損失を2016年3月期の決算に計上すると発表した。資源関連の減損損失が750億円、非資源の海外プラントの損失引き当てが450億円。

同社はこの損失計上にともなって、2月に発表していた業績予想を下方修正した。税引き前利益は2200億円を1000億円に、当期利益は1850億円を650億円に、親会社の所有者に帰属する当期利益は1800億円を600億円に引き下げた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT