丸紅も資源等で計1200億円の損失を計上

2016年3月期純益は1850億円から650億円に

 4月18日、丸紅は、資源および非資源関連で計1200億円の損失を2016年3月期の決算に計上すると発表した。写真は都内で2012年5月撮影(2016年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 18日 ロイター] - 丸紅<8002.T>は18日、資源および非資源関連で計1200億円の損失を2016年3月期の決算に計上すると発表した。資源関連の減損損失が750億円、非資源の海外プラントの損失引き当てが450億円。

同社はこの損失計上にともなって、2月に発表していた業績予想を下方修正した。税引き前利益は2200億円を1000億円に、当期利益は1850億円を650億円に、親会社の所有者に帰属する当期利益は1800億円を600億円に引き下げた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT