スマホで激変!? ゲーム大バトル

専用機の市場が侵食

 バブルの過熱は勢力図にも影響を与え始めている。10月1日、PCオンラインゲーム大手のネクソンは、365億円でソーシャルゲーム開発大手のグループスを完全子会社化した。10年2月からDeNAのモバゲー向けにソーシャルゲームを提供するグループスは、12年6月期の売上高が前期比6倍の237億円(営業利益58億円)へ躍進し、足元も好調だ。PC依存から脱却を狙い成長著しいスマホ向けゲームを取り込みたいネクソンと、大手資本傘下に入ることで海外展開を強化したいグループスの利害が一致した。

ある新興開発会社の幹部は、「有力IPがなければ集客は難しいが、獲得コストは数億円かかる」と漏らす。さらにソーシャルゲームの開発費は増加傾向で、業界内の優勝劣敗も鮮明になりつつある。

「今後ソーシャルゲームはガチャに依存した重課金モデルでIPを消耗するのではなく、ゲーム専用機向けソフトで創り出した10年続くIPを育てることが重要」と、岡三証券の森田正司アナリストは指摘する。グリーは自社IP『ドリランド』のアニメ化やグッズ販売を始めたが、こうした取り組みの成否が“対ゲーム専用機”の試金石となる。

スマホの登場で盛り上がるゲーム業界。新旧プレーヤーが入り乱れる大バトルが始まろうとしている。 


(本誌:二階堂遼馬、前田佳子、筑紫祐二/高橋志津子 =週刊東洋経済2012年10月13日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。