静かなる大恐慌 柴山桂太著

静かなる大恐慌 柴山桂太著

世界は「静かなる大恐慌」に突入したと指摘する。はじけたバブルの大きさに比べ、静かに見えるのは、各国政府がなりふり構わずに、企業を救済し、金融緩和で市場にカネを流し、財政出動を行って、パニックを防いでいるから、というだけだと、著者は考える。この処方の副作用はこれから問題化する。

このまま世界経済の混乱が続けば、各国は争って他国の需要を奪い合い、国際紛争が多発。国内もそのダメージから内紛が頻発する。つまり、20世紀初頭の世界恐慌、世界大戦の時代にも似た様相を見せ始めることになるという。

グローバル化の行き詰まり、急反転というショックの中を日本はいかに生き抜くか。その帰趨を探る。

集英社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT