静かなる大恐慌 柴山桂太著

拡大
縮小
静かなる大恐慌 柴山桂太著

世界は「静かなる大恐慌」に突入したと指摘する。はじけたバブルの大きさに比べ、静かに見えるのは、各国政府がなりふり構わずに、企業を救済し、金融緩和で市場にカネを流し、財政出動を行って、パニックを防いでいるから、というだけだと、著者は考える。この処方の副作用はこれから問題化する。

このまま世界経済の混乱が続けば、各国は争って他国の需要を奪い合い、国際紛争が多発。国内もそのダメージから内紛が頻発する。つまり、20世紀初頭の世界恐慌、世界大戦の時代にも似た様相を見せ始めることになるという。

グローバル化の行き詰まり、急反転というショックの中を日本はいかに生き抜くか。その帰趨を探る。

集英社新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT