静かなる大恐慌 柴山桂太著

静かなる大恐慌 柴山桂太著

世界は「静かなる大恐慌」に突入したと指摘する。はじけたバブルの大きさに比べ、静かに見えるのは、各国政府がなりふり構わずに、企業を救済し、金融緩和で市場にカネを流し、財政出動を行って、パニックを防いでいるから、というだけだと、著者は考える。この処方の副作用はこれから問題化する。

このまま世界経済の混乱が続けば、各国は争って他国の需要を奪い合い、国際紛争が多発。国内もそのダメージから内紛が頻発する。つまり、20世紀初頭の世界恐慌、世界大戦の時代にも似た様相を見せ始めることになるという。

グローバル化の行き詰まり、急反転というショックの中を日本はいかに生き抜くか。その帰趨を探る。

集英社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。