ガザで万病に効く「蜂刺し治療」が大盛況

抜け毛からがんまで効く

 4月12日、パレスチナ自治区ガザで「蜂刺し治療」が盛況だ。クリニックを開くラテブ・サムールさん(58)のもとには抜け毛から脳性まひ、がんまでさまざまな症状を抱えた患者が1日に250人も訪れている。11日撮影(2016年 ロイター/Suhaib Salem)

[ガザ 12日 ロイター] - パレスチナ自治区ガザで「蜂刺し治療」が盛況だ。クリニックを開くラテブ・サムールさん(58)のもとには抜け毛から脳性まひ、がんまでさまざまな症状を抱えた患者が1日に250人も訪れている。

しかし、サムールさんは医師でもなければ、病院で働いたこともない。父親から蜂刺し治療の技術を受け継いだという。

これまでの研究によって、体の特定ポイントを蜂に刺させることで症状の改善が見込めるという。サムールさんは「疑問を感じたこともあったが、今では優れた療法だということが証明された」と語った。

11日には2年以上にわたって顔面まひを患っているパレスチナ人の少女アルヤ・アルガファリさん(10)が父親に連れられてクリニックを訪れた。同クリニックで治療を受け始めてから9カ月近くになるという。

少女の父親で政府職員のサイードさんは「蜂刺し治療は通常の薬による治療よりも効果的だ。娘は当初、痛みを感じていたが、次第に良くなってきたようだ」と話した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT