日本の不動産市場は安定している

米大手ファンドCEOに聞く

日本の不動産市場は安定、欧米と比べても展望は明るい--米不動産ファンド大手エートス・キャピタル スコット・ケリーCEO

松下電器産業(現パナソニック)系の不動産会社、松下興産への投資などで知られる米国の不動産ファンド大手、エートス・キャピタルが、リーマンショック後、一時凍結していた不動産投資を本格的に再開しようとしている。来日したスコット・ケリーCEOに、今後の戦略や日本の不動産市場の見通しについて聞いた。

--リーマンショック後、エートスはどのようなビジネス活動を行っていたのか。

リーマン後の数年間は、アセットマネジメント部門以外、実質的にほとんど何もしていないのが実情だった。市場のファンダメンタルズが悪化し、不動産価格も厳しく調整される中、積極的な買収活動はほとんど行わなかった。

しかし、この1年間、数件の投資を行った。主に東京圏のオフィスや住宅で、いわゆるベーシックアセットと呼ばれるものだ。キャップレート(期待利回り)が非常に魅力的であり、市場環境も安定しているので、そうした投資が良いと考えた。

--日本の不動産市場の現状をどう見ているか?

日本の不動産市場は非常に大きく、多岐にわたっている。そして、物件タイプや都市ごとに市況の回復度合が異なる。エートスとしては、東京圏や大阪圏、その他の一部地方都市にフォーカスしている。コアとなる物件は、ベーシックアセットであるオフィスや住宅、ホテル、そして一部の商業施設だ。

日本の不動産市場は回復というより、安定の兆しがある。われわれの投資している物件のパフォーマンスは安定度を増している。 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。