朗報!塩味を再現する「電流フォーク」が登場

塩分が気になる人に教えてあげたい

写真をクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

[2日 ロイター] - 日本の研究チームが、電流で舌の味覚を刺激して、人工的に食べ物の「塩味」を味わうことができるフォークを開発した。現代人の食生活改善で欠かせない「減塩」につながるとして期待されている。

この試作品のフォークは、ナトリウムの過剰摂取という健康上の障害なしに、食べ物を通して塩分の味覚を舌に伝えることができるという。

東京大学大学院情報学環・暦本研究室の中村裕美研究員は、6年をかけて、電流を使って味覚をつくり出す方法を考え出したと話す。

中村さんらのチームはこのフォークが、人工的に味覚をだます道具として初めて商品化され得るものだと考えている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT