朗報!塩味を再現する「電流フォーク」が登場

塩分が気になる人に教えてあげたい

写真をクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

[2日 ロイター] - 日本の研究チームが、電流で舌の味覚を刺激して、人工的に食べ物の「塩味」を味わうことができるフォークを開発した。現代人の食生活改善で欠かせない「減塩」につながるとして期待されている。

この試作品のフォークは、ナトリウムの過剰摂取という健康上の障害なしに、食べ物を通して塩分の味覚を舌に伝えることができるという。

東京大学大学院情報学環・暦本研究室の中村裕美研究員は、6年をかけて、電流を使って味覚をつくり出す方法を考え出したと話す。

中村さんらのチームはこのフォークが、人工的に味覚をだます道具として初めて商品化され得るものだと考えている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。