LINE、新規参入と撤退が交差する「勝負所」

ゲーム、広告、スタンプの次をどう育てる?

では、プラットフォーム化の戦略は、現状でどれほどの成果を出しているのか。

足元の売上高構成比を見ると、2015年10~12月期の売上高326億円のうち、ゲームが最大で全体の37%。広告が33%、スタンプが23%と続き、これら3事業で9割超を占めている。LINEペイなどを含むその他事業の比率は、着実に高まっているが、それでも7%にすぎない。

調査会社の米アップアニーは2016年1月、世界のスマホアプリを対象にした2015年の売上高ランキングを発表。LINEはゲームアプリで7位につけ、ゲーム以外のアプリ売上高は3年連続のトップだったが、手広く展開する事業の収益化は、まだ緒に就いたばかりの段階といえよう。

再び成長を加速するための、重要な場面に

一方、新たなサービスを打ち出しながら、2013年末に開始したフリマアプリ「LINEモール」の撤退を2月に決めるなど、見切りをつけた事業もある。フリマアプリは創業3年の「メルカリ」が急成長していることに加え、EC大手のスタートトゥデイも参入、競争が激化している。

LINEを率いる出澤社長。サービスの取捨選択は続きそうだ

出澤社長は「3カ月ごとに経営指標を見て判断している」と説明する。100以上の事業を手掛ける中で、今後も取捨選択は続きそうだ。

競合サービスを見ると、米フェイスブックの「メッセンジャー」は、2015年6月に7億人だった月間アクティブユーザーが今年1月に8億人まで増加している。LINEも、2015年12月に世界のユーザー数が2億1500万人となり、9月時点から300万人増加したが、拡大スピードでは差をつけられている。

LINEはトップシェアを握る日本、タイ、台湾に加えて、注力するインドネシアを加えた4カ国・地域に、全体の7割近いユーザーが集中している。新規獲得が壁にぶつかる中、既存ユーザーからの収益を拡大する重要性は、確実に高まっているのだ。

プラットフォーム戦略を早く軌道に乗せ、海外でも横展開できるか。中長期的な成長を占ううえで、LINEは重要な局面を迎えている。

「週刊東洋経済」2016年4月9日号<4日発売>「核心リポート02」を転載)

(撮影:梅谷秀司)

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。