「九段下駅ベビーカー事故」はなぜ起きたのか

車掌が目視での安全確認を怠った!

ベビーカーの前輪を挟んだまま半蔵門線の電車は100m走行した(写真:YNS/PIXTA)

4月4日午後3時01分、東京メトロ半蔵門線九段下駅で、中央林間から押上に向かう10両編成の列車が、ベビーカーをドアに挟んだまま発車させるというトラブルがあった。ベビーカーには子供が乗っておらず、被害はベビーカーの破損だけというのは、不幸中の幸いだった。

東京メトロによると、まず6両目の車両に女性1人と子供2人が乗車、続いて誰も乗っていないベビーカーを押した男性が乗車しようとしたところドアが閉まり、ベビーカーがドアに挟まってしまった。

この日で単独乗務が19日目という20代の女性車掌は、ベビーカーが挟まっていることに気づかずに列車を発車させた。列車はベビーカーを挟んだまま約100メートル走行し、ホーム前方の端にあるさくに衝突、破損した。

1.5cm以下の異物は検知されず

このトラブルを防ぐことはできなかったのか――。

最初の疑問は、ベビーカーを押した男性は駆け込み乗車だったのかという点だ。駆け込み乗車を防ぐことは難しい。階段を走って降りて駆け込み乗車したら、衣服や荷物が挟まれたという経験のある人は少なくないだろう。ただ、6両目の乗車位置は階段付近というわけではない。「駆け込み乗車ではなかった」と東京メトロは言う。

続いての疑問はベビーカーが挟まれたことになぜ気づかなかったかという点だ。

ドアは異物がはさまれると、ドアが閉ったことを示すランプが消えず、車掌は発車の合図をしてはいけない。しかし、1.5センチメートル以下の異物の場合は、挟まっても検知されずランプが消える設定になっている。今回挟まれたのはベビーカーの前方の車輪を支える細い棒のため、検知されなかったようだ。このためベビーカーが挟まれていることが車掌に伝わらず、車掌は発車の合図をした。

次ページ目視での安全確認を怠った!?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。