LINE、新規参入と撤退が交差する「勝負所」

ゲーム、広告、スタンプの次をどう育てる?

LINEモバイルはNTTドコモの回線を借りて月額500円から提供する。安さだけでなく、LINEを使ったメッセージや画像、動画のやり取りをデータ通信量に含めず使い放題にすることで、先行するサービスとは差別化。さらに、フェイスブックとツイッター、LINEミュージックを使い放題に含めるプランも提供するという。

舛田淳CSMO(最高戦略・マーケティング責任者)は「回線の品質と価格は従来のMVNOでも重視されてきた」と指摘。「新たに挑戦するからにはプラスアルファが必要。さまざまなアンリミテッド(使い放題)をパートナーと実現したい」(舛田氏)と力を込めた。インスタグラムなどほかのSNSや、音楽配信サービスも使い放題にできるプランを今後、検討するとしている。

攻勢の一方で、撤退するサービスも

決済関連でもアクセルを踏み込む。狙いはネット決済・送金サービス「LINEペイ」の活性化だ。

3月からJCBと提携したプリペイドの「LINEペイカード」を発行。事前に銀行口座などからLINEペイにチャージ(入金)することで、JCBに加盟する国内外約2960万店で支払いができる。ローソンとも提携し、6月からは全国1万2000店のレジでチャージできるようにする予定である。

今回始めた「LINEポイント」も決済サービスの利用を後押しする狙いがあるようだ

入会費や年会費は無料。クレジットカードと異なり、与信審査の必要もないため、氏名や住所を登録するだけで簡単に利用できる。リアルにおける決済手段を整備することで、LINEペイの決済や個人間の送金にユーザーを誘導することをもくろむ。

同時に開始した「LINEポイント」もカードの利用を後押しする仕掛けだ。LINEペイカードを使った決済額の2%がポイントとして付与され、1ポイント1円換算でLINEペイでの支払いに使える。将来的にはスマホだけで決済を完結させる未来図を描くが、まずはリアル連携で決済サービスの普及を図る。

次ページプラットフォームの成果は出ているか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。