資生堂は株主総会でも「女性活躍」を強調した

魚谷社長のプレゼン術に株主も舌を巻く

前期の業績は、国内で訪日観光客の需要増にブランド改革が奏功、5割増の営業増益を達成できた

きらびやかなシャンデリアに照らされた帝国ホテル(東京都千代田区)の「孔雀の間」。3月25日(決算期変更に伴い例年より3カ月前倒し)、化粧品国内大手の資生堂は、定時株主総会を開催した。

所要時間は、約1時間57分(2015年は2時間5分)。会場を訪れた株主は、2015年より250名ほど少ない2196名。剰余金の配当、取締役7名の選任、業績連動型の取締役賞与支給、などの議案は全て承認された。

「皆さんの目から見て、資生堂は変わったのでしょうか」――。議長を務めた魚谷雅彦社長は、映像による業績説明が終わると、会場の株主にこう問いかけた。2014年に異例の外部人事で社長に抜擢され、中期経営計画「VISION2020」を掲げて、業績の立て直しに邁進する魚谷社長。改革2年目の成果について、34分間にわたり熱弁を振るった。

インバウンドで国内は好調だった

2015年12月期(決算期変更により国内のみ9カ月決算)を振り返ると、国内事業は売上高で2667億円(前年同一期間比10.9%増)、営業利益にいたっては305億円(同52.1%増)と、好調な着地だった。

マーケティング投資を集中させて行ったブランド改革が効き、主力の中価格帯ブランド「エリクシール」や「マキアージュ」などが好調。また、中国人を中心とした訪日観光客需要の恩恵を存分に受け、高価格帯の「クレ・ド・ポー ボーテ」や「アルティミューン」の美容液が大ヒット。魚谷社長は「長年の課題だったシェアの低下にも歯止めがかかり、回復の兆しが見えてきた」と、国内改革の進捗状況には自信を見せた。

一方で、連結売上高の6割以上を占めるにも関わらず、ようやく21億円の黒字に浮上したばかりの海外事業に対しては、「2桁の営業利益率を目指すために、構造改革を急がなくてはならない」と力をこめて語った。

次ページ「女性の活躍では先進的企業だ」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT