ヤマ発、株主が「五郎丸の他社CM出演」に苦言

ヤマハ発動機、株主の興味は4輪参入に五郎丸

――4輪事業参入について教えてほしい。

小嶋要一郞・上席執行役員(新事業開発担当):既存事業だけでは長期的に生き残っていけない。既存事業から生み出した利益から4輪車を開発できるように、今年もいくつかの試作車を走らせる予定だ。今ある4輪車市場に入るのではなく、2輪車の知見を活かした新しい4輪市場を提案したい。

――2輪メーカーのホンダやスズキはすでに4輪車をもっているなかで、ヤマ発にしかない4輪車のイメージとはどのようなものか。4輪参入に関して、提携しているトヨタとの関係に影響は出ないか。

滝沢正博常務(新事業開発担当):誰もが考える普通の4輪車ではない。2輪車と4輪車の間のような、今の4輪車が取り入れられていないニーズを実現したい。デザインや機能を含め、他社がまねできないものを狙っていく。トヨタとの関係については、具体的なコメントを差し控える。

2輪の利益率でホンダに負けているのはなぜ?

――2輪事業の利益率で、ヤマ発はホンダに大きな差をあけられている。

総会終了後、株主からは「新規事業について十分な説明があった」(50代女性)、「株価下落の十分な説明がなかった」(60代男性)といった意見があがった

渡部克明・上席執行役員(2輪担当):他社に比べて利益率が低いことは理解している。ホンダは規模が大きいことに加え、稼ぐ地域と守る地域のメリハリをつけ、高い利益率が実現できている。生産効率化によるコストダウンや在庫圧縮によって、2輪事業の健全化を進める。今後は台数ではなく台当たり利益を重視していく。

――ドローン(小型無人機)の新規開発について教えてほしい。

加藤敏純・上席執行役員(産業用機械やヘリコプター担当):ヤマ発にはすでに農業用無人ヘリコプターの製造販売を30年やっており、約3,000台のヘリが農薬散布などの作業で使用されている。今増えているドローンは2kg、3kgのものを運ぶタイプだが、ヤマ発は従来から持っていた無人ヘリの知見を活かして、10kgくらいのものを運べる新製品を投入したい。

――ラグビーの五郎丸歩選手が他社のテレビCMに盛んに出ている。ヤマ発のブランドを背負っているのに他社CMに多く出るというのは会社としてどのような認識か。

加藤上席執行役員:2015年9月の英国ラグビーW杯から巻き起こったラグビーブームの中心に五郎丸選手がいた。彼自身長らくラグビーで辛酸をなめてきたので、このチャンスにラグビー文化を日本に根付かせたいという思いで積極的に露出している。会社としても、今シーズンも日本一奪還を目指して励んでいく。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT