ヤマ発、株主が「五郎丸の他社CM出演」に苦言

ヤマハ発動機、株主の興味は4輪参入に五郎丸

――4輪事業参入について教えてほしい。

小嶋要一郞・上席執行役員(新事業開発担当):既存事業だけでは長期的に生き残っていけない。既存事業から生み出した利益から4輪車を開発できるように、今年もいくつかの試作車を走らせる予定だ。今ある4輪車市場に入るのではなく、2輪車の知見を活かした新しい4輪市場を提案したい。

――2輪メーカーのホンダやスズキはすでに4輪車をもっているなかで、ヤマ発にしかない4輪車のイメージとはどのようなものか。4輪参入に関して、提携しているトヨタとの関係に影響は出ないか。

滝沢正博常務(新事業開発担当):誰もが考える普通の4輪車ではない。2輪車と4輪車の間のような、今の4輪車が取り入れられていないニーズを実現したい。デザインや機能を含め、他社がまねできないものを狙っていく。トヨタとの関係については、具体的なコメントを差し控える。

2輪の利益率でホンダに負けているのはなぜ?

――2輪事業の利益率で、ヤマ発はホンダに大きな差をあけられている。

総会終了後、株主からは「新規事業について十分な説明があった」(50代女性)、「株価下落の十分な説明がなかった」(60代男性)といった意見があがった

渡部克明・上席執行役員(2輪担当):他社に比べて利益率が低いことは理解している。ホンダは規模が大きいことに加え、稼ぐ地域と守る地域のメリハリをつけ、高い利益率が実現できている。生産効率化によるコストダウンや在庫圧縮によって、2輪事業の健全化を進める。今後は台数ではなく台当たり利益を重視していく。

――ドローン(小型無人機)の新規開発について教えてほしい。

加藤敏純・上席執行役員(産業用機械やヘリコプター担当):ヤマ発にはすでに農業用無人ヘリコプターの製造販売を30年やっており、約3,000台のヘリが農薬散布などの作業で使用されている。今増えているドローンは2kg、3kgのものを運ぶタイプだが、ヤマ発は従来から持っていた無人ヘリの知見を活かして、10kgくらいのものを運べる新製品を投入したい。

――ラグビーの五郎丸歩選手が他社のテレビCMに盛んに出ている。ヤマ発のブランドを背負っているのに他社CMに多く出るというのは会社としてどのような認識か。

加藤上席執行役員:2015年9月の英国ラグビーW杯から巻き起こったラグビーブームの中心に五郎丸選手がいた。彼自身長らくラグビーで辛酸をなめてきたので、このチャンスにラグビー文化を日本に根付かせたいという思いで積極的に露出している。会社としても、今シーズンも日本一奪還を目指して励んでいく。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。