東京メトロに新駅「センター中央」が誕生!?

起きうるすべてを再現できる「訓練センター」

画像を拡大
2台のシミュレータが設置されている

この訓練線を使って、トンネル区間と地上部分の両方を走ることにより、「実車を利用して、より実戦的な訓練を行なうことができる」(東京メトロ広報)。

また、トンネルの外には本物の橋梁も設置されている。列車が走らないので、じっくりと構造を学ぶことができるという。

センター中央駅がある総合研修訓練センターにはシミュレータが2台設置されており、運転技術やホームドアの開閉などを学ぶことができる。

過去の事故の教訓も展示

この訓練センターには多くの場所で日本語と英語の表記がされている。「外国の鉄道会社の社員研修も想定している」と、堂免氏は言う。東京メトロはベトナムの首都・ハノイを走る都市鉄道の運営会社を支援している。将来はベトナムをはじめ、さまざまな国の鉄道会社の研修に使われる可能性もありそうだ。

また、この訓練センター内には2000年3月に起きた日比谷線列車脱線衝突事故をはじめ、過去の事故の教訓を展示する「安全繋想館」も設置している。過去の事故の貴重な教訓を風化させることなく、安全確保への強い思いを未来につなぐことで、さらなる安全意識の高い企業風土を築き上げていくことが目的だという。

基本的には社員研修向けの施設であり、一般公開はされないが、車両基地イベント開催日など特定の日に一部の施設を公開する可能性はあるという。東京メトロの安全はどのように支えられているのか、一度見てみる価値はある。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。