東京メトロに新駅「センター中央」が誕生!?

起きうるすべてを再現できる「訓練センター」

駅名標には「センター中央」と書かれている

東京メトロに「センター中央」「センター西」という新たな駅が誕生か。駅名標や列車の行き先表示には確かにそのように書かれている。

しかし、これは本物の駅ではない。答えは、東京メトロが新木場駅近くに新たに設置した4月1日開設予定の「総合研修訓練センター」の設備のひとつである。3月24日に公開された。

この訓練センターは新たに設置した施設に加えて、これまで各所に点在していた各部門の研修施設を統合したもので、「メトロで起きうるすべてのことはここで起こせる」をテーマに駅、軌道、トンネル、橋梁、架線、電気設備、指令所などメトロの業務のすべてをこの施設に集約した。

本物そっくりの駅構内や設備…

画像を拡大
列車の行き先は「センター西」

センター設立のために投じられたコストは200億円。うち80億円は建屋建設に伴うもの。81億円が訓練設備の費用だ。「投資額のかなりの部分を訓練設備に投じた」と、東京メトロの堂免敬一・研修センター所長は胸を張る。

建物の1階には本物そっくりの駅構内が広がっている。改札外には券売機があり、自動改札機もある。改札をくぐり抜け階段を降りると、そこはホーム。駅名は前述のとおり「センター中央」だ。リアルに再現されたホームを見ていると、本物のメトロの施設にいるかのような錯覚をしてしまうほどだ。

訓練線の列車に乗って到着した駅は「センター西」駅。ここでトンネル内のレールやコンクリートの破損、ボルトのゆるみなど、さまざまな弱点箇所について、実物を見ながら確認できる。

次ページシミュレーターで運転技術が学べる
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT