四面楚歌の福田政権、激化する「4月危機」の心理戦

四面楚歌の福田政権、激化する「4月危機」の心理戦

塩田潮

 四面楚歌。福田首相は4つの敵に攻め立てられて沈没寸前と映る。
 4つの敵とは、小沢民主党、支持率低迷という国民の厳しい視線、霞が関の官僚機構、自民党の批判勢力だ。

 官僚との連携型の福田首相は、安倍前首相とは違って、最初は霞が関とは蜜月だった。「官僚主導体制の復活」と見た人も多かった。確かに日銀総裁人事で財務省寄り、道路財源問題で国土交通省寄りの姿勢を堅持してきた。だが、支持率回復を狙って公務員制度改革で内閣人事庁新設に向けて舵を切ったあたりから、霞が関も敵に回り始めた。各省庁が「絶対死守」の自己完結型官僚人事に切り込めば、霞が関は牙を剥く。日銀総裁問題も道路財源問題も霞が関のコントロールという印象が強いが、実際は政権弱体化で人事権死守をもくろむ省益優先の霞が関が無理強いして足を引っ張っているという指摘もある。

 周りは敵だらけなのに、福田首相はここまで押しの一手、忍の一字の一本槍だ。もともと慎重居士の頑固一徹タイプと聞いてはいたが、これほど政治性と戦略的発想が乏しいとは知らなかった。大業は皆無、待てば海路の日和りありの「待ちの政治家」である。いずれ4つの敵は腰砕けになると見て持久戦を決め込む。民主党は自滅、支持率もやがて反転、霞が関とは折り合いをつけて手打ち、自民党には倒閣のエネルギーなしとタカをくくっているのだろう。

 だが、不満と失望のマグマが限界点に達すると、4つの敵がいっせいに銃を撃ち始める可能性がある。政局は4月危機説が渦巻く中で、限界点の見極めをめぐる心理戦が続く展開だが、ここが限界と首相自身が覚ったとき、不慣れな大業を初めて繰り出すかどうか。反対にさっさと投げ出すかもしれない。
 官房長官電撃辞任も、確か4年前の5月連休明けの出来事だった。

塩田潮(しおた・うしお)
ノンフィクション作家・評論家。
1946(昭和21)年、高知県生まれ。慶応義塾大学法学部政治学科を卒業。
処女作『霞が関が震えた日』で第5回講談社ノンフィクション賞を受賞。著書は他に『大いなる影法師-代議士秘書の野望と挫折』『「昭和の教祖」安岡正篤の真実』『日本国憲法をつくった男-宰相幣原喜重郎』『「昭和の怪物」岸信介の真実』『金融崩壊-昭和経済恐慌からのメッセージ』『郵政最終戦争』『田中角栄失脚』『出処進退の研究-政治家の本質は退き際に表れる』『安倍晋三の力量』『昭和30年代-「奇跡」と呼ばれた時代の開拓者たち』『危機の政権』など多数
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。