外資役員驚嘆!「日本人の仕事は実に正確だ」

アメリカ人広告企業役員の1日に密着した

東京で活躍する広告企業役員のデイヴィッド・リッテンハウス氏の1日に密着しました
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

2014年5月、米マーケティングコミュニケーション企業、オグルヴィ・アンド・メイザー(Ogilvy & Mather)に勤める役員、デイヴィッド・リッテンハウス氏は、当初3カ月の滞在予定で来日した。

ところが、実際はそれ以上の長い滞在となる。東京にあるオンラインメディアエージェンシー、ネオ・アット・オグルヴィ(Neo@Ogilvy)の代表取締役に任命されたためだ。

リッテンハウス氏にとって、東京での仕事は、2度目の海外プロジェクト。このために、家族全員を日本に呼び寄せなくてはならなかった。日本の文化に適応しつつ、週に2回ほど家庭教師を呼び、日本語を学んでいる。来日して2年、リッテンハウス氏は日本人の勤勉で真面目な態度を高く評価している。

「どんなに小さなことでも、日本の企業では大事に扱う」と、彼は言う。「私の同僚はささいなことも見逃さない。仕事、意見や関係性において、彼らは正確さで私を驚かせる」。

リッテンハウス氏の1日に密着

そんなリッテンハウス氏の1日を見てみよう。

代官山の自宅前のデイヴィッド・リッテンハウス氏

6:00am 起床後、その晩にニューヨークから届いたeメールを確認する。日本との時差は14時間だ。ニューヨーク支社の日中が私の夜であるため、確認すべきeメールは多くある。緊急性のあるものを対処したあと、私は自宅のある代官山を軽くジョギングする。走りながら、いつも東京は素晴らしい街だと痛感する。古くもあり、新しくもある。国際色も豊かだ。私が代官山を選んだ理由は、とても現代的かつ国際的に感じる反面、日本らしさが残っているからだ。

次ページ朝は穏やかな時間が流れる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT