「業績が好調なのに割安な会社」ランキング

好業績12月決算会社で予想PERが低いのは?

3位のムゲンエステートは首都圏1都3県(神奈川、千葉、埼玉)を中心にした不動産の買い取り・再販が中核事業だ。今期は成長を牽引してきた投資用不動産が一棟賃貸マンションやオフィスビルを軸に拡大する見込み。住宅・不動産会社は日本銀行のマイナス金利政策も追い風になりそうだ。

流動性もチェック

低PER銘柄投資で留意したいのが、「流動性の高い大型株は“ショック”の初期に売られる傾向がある」(ニッセイ基礎研究所の井出真吾氏)点だ。外国人の保有比率も高く、「換金売りの対象になりやすいからではないか」(同)。

一方、ランキング上位には中小型株が目立つ。ショック時の下値不安は比較的乏しいといえるかもしれない。

上位70社ランキングはこちら(四季報オンライン)
(週刊東洋経済2015年3月19日号「投資の視点」から転載)

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT