「反トランプ運動」が選挙集会を荒らしている

トランプ陣営には安全上の不安が浮上

トランプ氏の集会では、同氏自身が抗議者をののしったり、シークレットサービスに連れ出すように命じたりと、荒れ模様となっている。

暴力の脅威は12日、トランプ氏自身にも及んだ。オハイオ州での集会で男がセキュリティーを突破し、檀上に上ろうとして取り押さえられた。同氏は男が「危害を加えようとしていた」と語った。

トランプ氏の追い風に?

トランプ支持者のなかには、シカゴでの抗議者の行動がトランプ氏支持者を奮い立たせ、同氏に有利に働くとみる者もいる。

「一部の人は血気盛んだった」と、オハイオ州の集会に13日、家族と参加したというマイケル・マッキニーさん(47)は語る。「映像をたくさん見たが、最初に手を出したのはすべて抗議する側の人だった」という。

オバマ大統領はこの週末、大統領選の過程において礼節と「暴力に訴えることなしに相違を解決する」ことを求めた。

小さな集団で動く反トランプ派は、若者が多く、その一部はサンダース候補の支持者であるほか、さまざまな人たちで構成されている。

イリノイ州ブルーミントンで13日開催されたトランプ氏の集会に参加したファシリティーマネジャーのソニー・ガルシアさん(44)は、「Dump Trump Illinois」という緩やかに組織されたグループがフェイスブックで抗議を呼びかけると、約2000人が集まったと話す。

また、反憎悪団体「ナット・イン・アワ・タウン」の地元支部に属するメンバー40人が、白色のアームバンドを身に付けて抗議に現れた。高校生のアイシュワリャ・シェカラさん(16)もその一人だ。

「私がここに来た理由は、トランプ氏が支持することにすべて反対だから。彼は扇動政治家そのもの」とシェカラさんは述べた。

(Kevin Murphy記者、Bob Chiarito記者 翻訳:伊藤典子 編集:下郡美紀) 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT