潜入!これが「トワイライト瑞風」製造現場だ

期待の新型豪華列車の"素顔"をのぞいてみた

画像を拡大
元祖トワイライトの車体は深いグリーンが印象的だった(撮影:尾形文繁)

昨年運行を終了した「トワイライトエクスプレス」の車体の色はグリーンだった。瑞風もトワイライトエクスプレスを冠しているだけあって、基本カラーはグリーンである。ただ、瑞風のそれは元祖トワイライトと完全に同じではない。

「DNAを進化させる形で、より艶やかなグリーンにしていきたい」(JR西日本)

デザインを手掛けたのは、建築家・インテリアデザイナーの浦一也氏とインダストリアルデザイナーの福田哲夫氏。浦氏はホテルや企業の迎賓施設の設計を数多く手掛け、京都迎賓館の設計にも携わった。福田氏は新幹線N700系をはじめ、数々の鉄道車両デザインに関わってきた。車両外観のコンセプトは「ノスタルジック・モダン」。懐かしさと現代が同居したデザインを目指す。

JR東日本への乗り入れも可能

画像を拡大
瑞風と同時期に投入される、JR東日本の「グランスイート四季島」の模型(撮影:尾形文繁)

車両は、ディーゼル発電機で発電した電力とバッテリーアシストによるモーター駆動というハイブリッド方式で走行するため、架線のない区間を走行することも可能だ。つまり、運行ルートは多種多様である。

瀬戸内海沿いを走り、倉敷、尾道などの観光地をめぐる山陽ルート、日本海沿いを走り、出雲、鳥取砂丘などをめぐる山陰ルートといった1泊2日コースに加え、山陽・山陰を周遊する2泊3日コースもある。

JR西日本管内には、世界遺産をはじめとした観光名所がたくさんある。上記以外の新たな運行ルートはこれからも生まれてくるだろうし、将来的にはJR東日本など他社への乗り入れもありうるだろう。

旅の楽しみの1つは食事である。かつてのトワイライトエクスプレスは、食堂車で供される本格的なフランス料理が旅の魅力を彩っていた。瑞風も食事には特に力を入れている。フランス料理から和食まで7人の「和の匠」が朝昼夜の食事メニューを監修する。

同じく2017年春の運行開始に向けてJR東日本が開発中の豪華寝台列車「トランスイート四季島」は、一足早い1月に車両の製造過程や内装の立体模型を公開している。両者の競演が見られるまで、あと1年だ。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。