「前面展望列車」は鉄道少年「最高の憧れ」

「運転士気分」を体験!ルーツはあの国に

展望席から見るパノラマカー同士のすれ違い。前面展望列車は子どもたちの憧れだった

鉄道の旅は、流れゆく車窓の風景も楽しみの大きな要素。そのために、列車の最後尾に連結する「展望車」が昭和初期から特急「富士」「平和」などに使われてきた。その後、前面展望タイプの列車も多く登場し、それは鉄道少年たちの憧れとなった。前面展望列車の数々の名車と共に、展望車の意外なルーツなどを解説してゆきたい。

日本初登場は名鉄パノラマカー

画像を拡大
展望席と真っ赤な塗装が特徴だった名鉄パノラマカー

昭和36(1961)年、日本で初めて運転台を2階に設置して、1階最前部に展望席を設けた車両「パノラマカー」7000系が名古屋鉄道(名鉄)に登場した。

最前部はほぼ180度のワイドな車窓風景が広がり、展望席に設けられたネオン管によるスピードメーターが100km/hを超すと子供たちは一喜一憂したものだった。

さらには駅構内や踏切を通過するときに独特のミュージックホーンを鳴らし「パノラマカーのお通りだ!」とばかりにアピールしていたのも印象に残る。登場の翌年には鉄道友の会の「ブルーリボン賞」を受賞。その後パノラマカーは進化をとげ、現役の「パノラマスーパー」までに至るが、初代のパノラマカーは平成20(2008)年12月26日に定期運行を終了した。

次ページ関東代表は小田急ロマンスカー
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT