自民党は2013年まで生き延びられるのか--リチャード・カッツ


 おそらく今回の選挙は、日本を「2大政党制」よりもむしろ「2大連立制」のほうにシフトさせることになるはずだ。仮に民主党が単独で過半数を獲得すれば、日本の状況はよくなるだろう。社会民主党と国民新党の要求に抵抗できるだけの安定性と能力を得ることになるからだ。しかし、現行の選挙ルールの下では、公明党や共産党などの政党が比例区で多くの議席を獲得できるため、一党で過半数を獲得するのは容易ではない。

最後に、民主党にとって自民党が敵でなくなれば、派閥で分裂している民主党がどれだけの間、統一を維持できるかどうかはわからない。その意味でも、今回の選挙は、大規模な政界再編への道を開くものになるだろう。

Richard Katz
The Oriental Economist Report 編集長。ニューヨーク・タイムズ、フィナンシャル・タイムズ等にも寄稿する知日派ジャーナリスト。経済学修士(ニューヨーク大学)。当コラムへのご意見は英語でrbkatz@orientaleconomist.comまで。

(撮影:尾形文繁)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT