川添高志・ケアプロ社長--日本の健康診断費をワンコインにする男


病気の不安を抱える人の“駆け込み寺”に

出店場所に選んだのは、中野駅から徒歩数分の商業住宅複合施設「中野ブロードウェイ」。知る人ぞ知る“サブカルチャーの聖地”だ。マンガ本やアニメ、アイドルグッズなどマニア向けの専門店が密集する施設の中に、ケアプロはある。中野区は東京23区で最も人口密度が高い。中でもブロードウェイには多くの若者が集まる。そこを狙った。東大病院での経験から、おカネのない若いフリーターなど“健診弱者”に来てほしかったからだ。

激安・短時間の健康診断。ケアプロの評判は、テレビや新聞、口コミで徐々に広がった。今や病気に不安を抱える人の“駆け込み寺”となっている。

今年4月。明らかに顔色の悪い30代前半の男性と、若い女性が連れ立って来店した。話を聞くと、体調が悪いにもかかわらず、男性がなかなか病院に行かないため、心配になって連れてきたという。血液検査をする指はすでに壊死しかかっていた。案の定、血糖値は200をオーバー(空腹時の健康な人の2倍以上!)。明らかな糖尿病だった。

「これはやばいね」。そうこぼした男性はすぐに病院に向かった。女性は大変喜んで、丁寧に頭を下げて帰った。もう少し早い段階で来てくれれば……。それでも「ちゃんと役に立って、感謝されるとうれしいですよ」と川添は言う。

開店から9カ月。来客数の増加に伴って、赤字は月を追うごとに縮小。企業などに健康指導も行うケアプロ社は5月に単月黒字化、中野店も7月に黒字に転換した。稼いだ利益は、利用者が便利になるように再投資する。そのためのサービスの改善は怠らない。

最近始めたのが、保険証を持っていないために病院へ通えない人をターゲットにした500円の「メタボ」相談と「メンタル」相談。月1回、ボランティアで医師に来てもらっている。診断書や処方箋などは発行しないが、川添は「何とか紹介状は発行できないか」と模索している。紹介状があるだけで、初診費用は安くなり、病院に行く心理的なハードルが下がる。 

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。