三島駅近くに見える新幹線「発射台」の真相

駅弁を食べながら車窓にビックリ!

三島駅の西側には空に向かって飛び立つような「発射台」がある

前回「東海道新幹線、「駅弁が買える駅」はココだ」を公開したところ、読者の方から「何号車付近で買えるのかを知りたい」という声があったので、早速「こだま」で一往復して確認してきた。

その結果、駅弁を購入するなら、自由席である6号車付近に乗車するのが良さそうだ。

何個も駅弁を食べられないという声もあったが、そんな時はグループ旅行がおすすめ。「こだま」はだいたい10~15分ごとに停車するので、皆で相談して、各駅で駅弁をひとつずつ買おう。多くの駅弁が揃ったところで一斉に包みを開き、きれいな盛りつけを楽しんでから皆でシェアする。

メインのおかずが一切れしかないこともあるが、そこは譲り合いで解決。ビジネスマンの多い「のぞみ」では少々憚られるかもしれないが、「こだま」なら大丈夫だ。

「こだま」ならグリーン車も安く

この連載企画の過去記事はこちら

「ぷらっとこだま」や「こだま楽旅IC早特」のような商品を利用すれば、「のぞみ」の普通車よりも安い値段でグリーン車を利用できる。気の合う仲間とゆったりとしたシートに座り、車窓風景と駅弁を楽しむ旅は思いのほか楽しい。

駅弁売場を調査してみて、新たな発見もあった。前回、米原駅は人気駅弁が多く、売り切れのこともあると書いたが、下りホームの売店は14時には閉まってしまう。東京駅を11時以降に発車する「こだま」は、米原駅では駅弁が買いにくいことになり、豊橋までに食料を確保したい。また、小田原駅は上りホームに駅弁の売店がない。米原も小田原も終着駅が近く、停車中に駅弁を購入するニーズが少ないのだろう。

次ページ実は珍しい三島駅のホーム
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT