三島駅近くに見える新幹線「発射台」の真相

駅弁を食べながら車窓にビックリ!

三島駅の西側には空に向かって飛び立つような「発射台」がある

前回「東海道新幹線、「駅弁が買える駅」はココだ」を公開したところ、読者の方から「何号車付近で買えるのかを知りたい」という声があったので、早速「こだま」で一往復して確認してきた。

その結果、駅弁を購入するなら、自由席である6号車付近に乗車するのが良さそうだ。

何個も駅弁を食べられないという声もあったが、そんな時はグループ旅行がおすすめ。「こだま」はだいたい10~15分ごとに停車するので、皆で相談して、各駅で駅弁をひとつずつ買おう。多くの駅弁が揃ったところで一斉に包みを開き、きれいな盛りつけを楽しんでから皆でシェアする。

メインのおかずが一切れしかないこともあるが、そこは譲り合いで解決。ビジネスマンの多い「のぞみ」では少々憚られるかもしれないが、「こだま」なら大丈夫だ。

「こだま」ならグリーン車も安く

この連載企画の過去記事はこちら

「ぷらっとこだま」や「こだま楽旅IC早特」のような商品を利用すれば、「のぞみ」の普通車よりも安い値段でグリーン車を利用できる。気の合う仲間とゆったりとしたシートに座り、車窓風景と駅弁を楽しむ旅は思いのほか楽しい。

駅弁売場を調査してみて、新たな発見もあった。前回、米原駅は人気駅弁が多く、売り切れのこともあると書いたが、下りホームの売店は14時には閉まってしまう。東京駅を11時以降に発車する「こだま」は、米原駅では駅弁が買いにくいことになり、豊橋までに食料を確保したい。また、小田原駅は上りホームに駅弁の売店がない。米原も小田原も終着駅が近く、停車中に駅弁を購入するニーズが少ないのだろう。

次ページ実は珍しい三島駅のホーム
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。