コンビニ再編時代突入! 漂流するam/pm…中小チェーンの再編は必至


 ファミリーマートは高速大容量のマルチメディア端末の導入に350億円かけ、新たなサービスで顧客の来店を促している。また、セブンは今年度、フライヤー導入店を1・1万店まで拡大、できたてのフライドチキンやコロッケを提供することで、既存店の売り上げを底上げする。

さらに、業界は35年の歴史で初めてともいえる「低価格志向に対応した商品開発」が求められている。それには規模が不可欠だ。

セブン&アイグループの「セブンプレミアム」やローソンの100円均一「バリューライン」など、大手の仕入れや開発力を生かしたPB商品は、店内で存在感を増す一方だ。ローソンは、商品だけでなく原材料までも自社で調達する専門部署を設置。三菱商事の協力も得ながら、弁当などの原材料をより安く調達し、原価低減を図ろうとしている。

このような大手の施策に中小チェーンが追随するのは難しい。コンビニは不況でも投資を重ねなければ新鮮味を失い、その差はやがて店頭の集客力の差となって表れる。中小チェーンの苦境は今後も続きそうだ。

■タイトル写真:破談に終わったローソンのam/pm買収発表時の会見 撮影:今井康一

(週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。