コンビニ再編時代突入! 漂流するam/pm…中小チェーンの再編は必至

拡大
縮小


 ファミリーマートは高速大容量のマルチメディア端末の導入に350億円かけ、新たなサービスで顧客の来店を促している。また、セブンは今年度、フライヤー導入店を1・1万店まで拡大、できたてのフライドチキンやコロッケを提供することで、既存店の売り上げを底上げする。

さらに、業界は35年の歴史で初めてともいえる「低価格志向に対応した商品開発」が求められている。それには規模が不可欠だ。

セブン&アイグループの「セブンプレミアム」やローソンの100円均一「バリューライン」など、大手の仕入れや開発力を生かしたPB商品は、店内で存在感を増す一方だ。ローソンは、商品だけでなく原材料までも自社で調達する専門部署を設置。三菱商事の協力も得ながら、弁当などの原材料をより安く調達し、原価低減を図ろうとしている。

このような大手の施策に中小チェーンが追随するのは難しい。コンビニは不況でも投資を重ねなければ新鮮味を失い、その差はやがて店頭の集客力の差となって表れる。中小チェーンの苦境は今後も続きそうだ。

■タイトル写真:破談に終わったローソンのam/pm買収発表時の会見 撮影:今井康一

(週刊東洋経済)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT