女子テニス、最新「世界トップ10」ランキング

前回と変わらず、渦中のシャラポワは7位

[7日 ロイター] - インフォストラーダ・スポーツによると、女子テニス協会(WTA)が発表した女子テニス選手の最新世界トップ10ランキングは以下の通り。カッコ内は前回の順位。

1.(1)セリーナ・ウィリアムズ(米国)......9245ポイント

2.(2)アンゲリク・ケルバー(ドイツ)........5700

3.(3)アグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)..5450

4.(4)ガルビネ・ムグルサ・ブランコ(スペイン)...4831

5.(5)シモナ・ハレプ(ルーマニア).........4745

6.(6)カルラ・スアレスナバロ(スペイン)......4015

7.(7)マリア・シャラポワ(ロシア).........3562

8.(8)べリンダ・ベンチッチ(スイス)........3505

9.(9)ペトラ・クビトバ(チェコ)..........3483

10.(10)ロベルタ・ビンチ(イタリア).........3455

関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。