女子テニス、最新「世界トップ10」ランキング

前回と変わらず、渦中のシャラポワは7位

[7日 ロイター] - インフォストラーダ・スポーツによると、女子テニス協会(WTA)が発表した女子テニス選手の最新世界トップ10ランキングは以下の通り。カッコ内は前回の順位。

1.(1)セリーナ・ウィリアムズ(米国)......9245ポイント

2.(2)アンゲリク・ケルバー(ドイツ)........5700

3.(3)アグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)..5450

4.(4)ガルビネ・ムグルサ・ブランコ(スペイン)...4831

5.(5)シモナ・ハレプ(ルーマニア).........4745

6.(6)カルラ・スアレスナバロ(スペイン)......4015

7.(7)マリア・シャラポワ(ロシア).........3562

8.(8)べリンダ・ベンチッチ(スイス)........3505

9.(9)ペトラ・クビトバ(チェコ)..........3483

10.(10)ロベルタ・ビンチ(イタリア).........3455

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT