米深海で乳白色のミズダコ発見、あだ名はおばけの「キャスパー」

あだ名はおばけの「キャスパー」

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 米海洋大気局(NOAA)の調査用無人潜水艇が、太平洋の深さ4290メートルの海底で半透明のミズダコを発見したと5日発表した。ミズダコが深海で発見されたのはこれが初めて。乳白色のかわいらしい見た目から、おばけの出てくる映画にちなんで「キャスパー」とのニックネームが付けられた。

NOAAの動物学研究員マイケル・ベッキオーネ氏によると「頭足類なら通常持っている色素細胞がなく、筋肉もほとんど見当たらないことから非常に珍しい生物だ」といい、新種の可能性が高いという。

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。