小康状態のメガバンク、みずほ独り負けの理由


 経費でも、規模がやや小さい三井住友より約590億円多く、構造改善が必要だ。

とはいえ三井住友や、三菱UFJも楽観視はできない。4~6月期は大型倒産もなく与信費用が小さく抑えられ、株価上昇で株の損失も抑えられた。いわば小康状態だったといえる。前年同期比で増益幅が大きかった三井住友に象徴されるように、積み上げた収益はもっぱら債券のトレーディングに依存している。

一時期の直接調達市場の機能不全による借り入れ需要は剥落した。中間期にかけて非上場融資先の決算が反映されることで、与信費用が拡大する懸念がある。決して予断を許さない状況だ。

■業績・事業概要など、会社情報の詳細はこちら

(大崎明子 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済)

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。