トヨタとBMW、スポーツ車共同開発に強い意欲

共同開発に向けたスケジュールは未定

2月29日、トヨタ自動車のディディエ・ルロワ代表取締役副社長は、BMWとのスポーツカー車台の共同開発について、両社がかなり前向きだと明らかにした。ジャカルタで24日撮影(2016年 ロイター/BEAWIHARTA)

[ジュネーブ 29日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>のディディエ・ルロワ代表取締役副社長は29日、独高級車メーカーBMW<BMWG.DE>とのスポーツカー車台の共同開発について、両社がかなり前向きだと明らかにした。ただ、共同開発に向けたスケジュールは未定とした。

トヨタとBMWはすでに燃料電池技術や部品の軽量化で提携しており、スポーツカーの車台の共同開発にも乗り出す可能性がある。

同副社長は、これら3つの提携プロジェクトはすべて非常に順調に進んでおり、スポーツカーについては双方が成功に向けて「強い意欲を持っている」とし、「あとはプロジェクトの開始時期を決めるだけ」と語った。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?