トヨタとBMW、スポーツ車共同開発に強い意欲

共同開発に向けたスケジュールは未定

2月29日、トヨタ自動車のディディエ・ルロワ代表取締役副社長は、BMWとのスポーツカー車台の共同開発について、両社がかなり前向きだと明らかにした。ジャカルタで24日撮影(2016年 ロイター/BEAWIHARTA)

[ジュネーブ 29日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>のディディエ・ルロワ代表取締役副社長は29日、独高級車メーカーBMW<BMWG.DE>とのスポーツカー車台の共同開発について、両社がかなり前向きだと明らかにした。ただ、共同開発に向けたスケジュールは未定とした。

トヨタとBMWはすでに燃料電池技術や部品の軽量化で提携しており、スポーツカーの車台の共同開発にも乗り出す可能性がある。

同副社長は、これら3つの提携プロジェクトはすべて非常に順調に進んでおり、スポーツカーについては双方が成功に向けて「強い意欲を持っている」とし、「あとはプロジェクトの開始時期を決めるだけ」と語った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT