華為技術、ロック解除拒否のアップルを支持

「華為はプライバシー保護を重視している」

 2月21日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は、米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)が米政府が要請した「iPhone(アイフォーン)」ロック解除を拒否していることについて、クックCEOの姿勢を支持すると表明した。写真はニューヨークで撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

[バルセロナ 21日 ロイター] - 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]は、米アップル<AAPL.O>のティム・クック最高経営責任者(CEO)が米政府が要請した「iPhone(アイフォーン)」ロック解除を拒否していることについて、クックCEOの姿勢を支持すると表明した。

米政府は、カリフォルニア州サンバーナディーノで昨年発生した事件の容疑者が保有していたアイフォーンの解除を要請したが、アップルは拒否している。

華為のコンシューマー・ビジネス・グループ部門を統括するリチャード・ユー氏は、スペインのバルセロナで開催中の世界最大級の携帯見本市「モバイル・ワールド・コングレス」(MWC)で、クック氏の姿勢について「非常に重要なことで、われわれも賛同する」と述べた。「華為にとってプライバシー保護は非常に大切だ。プライバシーに大規模な投資をしており、セキュリティ―の保護は不可欠だ」と述べた。

ユー氏は「ティム・クック氏は(プライバシーについて自身の立場を)主張した。われわれにとってこれは極めて重要なことだ」と述べ、「われわれができないことがあり、なぜできないかを政府に理解させることはよいことだ」との考えを示した。

華為が同様の状況に直面すれば同じ姿勢を取るかどうかの質問については明確な回答を避け、「消費者にとって重要なことを主張する」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT