人民元「基軸通貨化」を促す決済インフラ戦略

中国の強かな国際化政策の裏側にあるもの

強かに人民元の基軸通貨化を進める、中国の決済インフラ戦略とは?(写真 : leungchopan / PIXTA)
自動車が道路の上を走るように、通貨は「決済インフラ」の上を走る。決済インフラの整備度合いは、その通貨の地位に大きく影響を与える。
人民元の基軸通貨化を進める中国は、どのような「決済インフラ戦略」を持っているのか。話題の書『決済インフラ入門』を上梓した宿輪純一氏が解説する。

決済インフラはまさに“道路”

決済に関する基礎をすべて網羅。どの本よりもわかりやすく「決済の全体像」が理解できる一冊(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

「決済」は「運輸」と似ている。たとえば、自動車が道路を走っているように、おカネが決済インフラの上を走っていると考えるとわかりやすい。決済インフラの中でも「高速道路」のようなものがある。インターチェンジで方向を変える。いずれにせよ、素早く、効率的に、決済ができるようになる。

中国で、昨年リリースされた人民元の国際決済インフラ「CIPS(Cross-Border Inter-Bank Payments System:クロスボーダー人民元決済システム)」は、中国と海外をつなぐ人民元(決済)の高速道路ということができる。それに、みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行の2行が認可され、その高速道路で走ることができるようになる。

動きが急な決済インフラであるが、今回は人民元の国際化と決済の問題に焦点をあてる。

次ページ新決済インフラCIPSとは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT