人民元「基軸通貨化」を促す決済インフラ戦略

中国の強かな国際化政策の裏側にあるもの

強かに人民元の基軸通貨化を進める、中国の決済インフラ戦略とは?(写真 : leungchopan / PIXTA)
自動車が道路の上を走るように、通貨は「決済インフラ」の上を走る。決済インフラの整備度合いは、その通貨の地位に大きく影響を与える。
人民元の基軸通貨化を進める中国は、どのような「決済インフラ戦略」を持っているのか。話題の書『決済インフラ入門』を上梓した宿輪純一氏が解説する。

決済インフラはまさに“道路”

決済に関する基礎をすべて網羅。どの本よりもわかりやすく「決済の全体像」が理解できる一冊(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

「決済」は「運輸」と似ている。たとえば、自動車が道路を走っているように、おカネが決済インフラの上を走っていると考えるとわかりやすい。決済インフラの中でも「高速道路」のようなものがある。インターチェンジで方向を変える。いずれにせよ、素早く、効率的に、決済ができるようになる。

中国で、昨年リリースされた人民元の国際決済インフラ「CIPS(Cross-Border Inter-Bank Payments System:クロスボーダー人民元決済システム)」は、中国と海外をつなぐ人民元(決済)の高速道路ということができる。それに、みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行の2行が認可され、その高速道路で走ることができるようになる。

動きが急な決済インフラであるが、今回は人民元の国際化と決済の問題に焦点をあてる。

次ページ新決済インフラCIPSとは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT