名誉毀損 表現の自由をめぐる攻防 山田隆司著

拡大
縮小
名誉毀損 表現の自由をめぐる攻防 山田隆司著

新聞記者である著者は、昨今の日本の名誉毀損訴訟の判決に危惧を抱いている。

たとえば、政治家の不正報道をする際に、手持ちの証拠がグレーゾーンだった場合、メディアはどうするか。報道に対する「相当の理由」と呼ばれる法理を裁判所が認めれば、名誉毀損にはあたらない。しかし、この「相当の理由」の基準が、現在の司法の現場では明確でないため、敗訴を恐れて報道自体を差し控えかねないという。

これでは、国民の「知る権利」が侵されてしまう。一方には、メディアの過剰な思い込みによる「報道被害」という人権侵害の例もある。この二つの間でどう折り合いをつけるか。名誉毀損と表現の自由のせめぎ合いを考察する。

岩波新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT