ジャックも認めてくれた青木流スイング

プロゴルファー/青木 功


 ゴルフシーズンも始まってみると早いもので、来週はもうメジャー大会第2戦の全米オープンが開催されます。

全米オープンと言えば、古いゴルファーならご記憶にあるでしょうが、1980年、バルタスロールでのジャック・ニクラスとの対戦。4日間同じ組で回り、自分が第2位になった試合は、「ジャックと戦って2位は立派なもの」と、皆がそう言うので試合直後はよろこんでいたのですが、考えてみると相手が誰であろうと、負けたことは事実。「勝つまでは、アメリカでとことん戦ってやる」、そう決意をした試合でもあったのです。

それにジャックは、いまは大親友ですが、以前は私のゴルフを否定した一人なのです。74年はアメリカツアー参戦の最初の年ですが、慣れない気候や芝のせいで、ハワイアンオープン、マスターズなど、成績はいいものではありませんでした。しかし、年を重ね経験を積むうちに選手の間で、「青木は小技が上手い」と評判になったのです。

特にバンカーショットは、試合会場で練習をしていると選手が集まってきて、「どうやって打っているのか教えてくれ」っていうんですよ。これぐらいの英語は理解できますが、教える言葉は日本語。「もうちょっと、外に低く上げたほうがいいかな」。これでも相手はわかるものです。教わりたい一心ですからね。

余談ですが、それから数年後には私がアメリカツアーで2年連続してバンカーからのセーブ王になったのですから、アメリカの選手も技術を見る目が高いというものです。

ただ、ジャックの見方は違ったようです。パッティングスタイルでおわかりのように、私のスイングはやや背中を丸めたように構え、短めのクラブのフェースの先を立てて、ボールをコツンと打つ珍しいタイプ。ドライバーやアイアンも、そのパッティングに似たようなもの。そんな自分が徐々に成績を上げてきたものだから、アメリカの記者の目には奇異に映ったようです。

それで記者が、当時帝王と呼ばれていたジャックに、「青木のスイングはアレでいいのか」と尋ねたのです。するとジャックは「アレでいいのなら、ゴルフの教科書はいらない」と答えたのです。それを耳にした私は、「誰にでも当てはまる教科書ってないはず。皆さんには奇異に見えても、自分にとってはオーソドックスなスイングです」と言い、胸を張ったのです。

多くのゴルファーがそうですが、憧れの選手をお手本にし過ぎ、自分のゴルフを見失ってしまうのです。お手本に忠実になる前に自分のよさを再認識し、その個性を磨くことが先だと思うのです。

80年の全米オープンが終わってしばらくして、ジャックは記者に「青木のゴルフの感想は」と聞かれると、「100ヤード以内の青木は世界一」と言ってくれたそうです。

プロゴルファー/青木 功(あおき・いさお)
1942年千葉県生まれ。64年にプロテスト合格。以来、世界4大ツアー(日米欧豪)で優勝するなど、通算85勝。国内賞金王5回。2004年日本人男性初の世界ゴルフ殿堂入り。07、08年と2年連続エイジシュートを達成。現在も海外シニアツアーに参加。08年紫綬褒章受章。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT