NHKは本当に変わったか--実力か、民放各社の衰退か?(下) 

自由ゆえに暴走も 試される手綱さばき

ただし、NHKは全国54の放送局、1万人を超える職員がいる巨大組織。短期間ですべて改革できるほど単純な組織ではない。

たとえば、コンプライアンス。福地会長就任後も、記者の新聞記事盗用、懲戒処分を受けた職員の再雇用、人気番組「プロジェクトX」プロデューサーの万引きによる逮捕など、不祥事が噴出。まだまだウミを出し切ったとは言えない。その点でカギになるのは、4月に始動した経営計画。重要な施策が山積みだ。

ジャーナリズムのあり方も問われる。たとえば、4月に放送されたNHKスペシャル「シリーズJAPANデビュー」の第1回。日本の台湾に対する植民地政策をテーマに扱ったが、放送後に「台湾は親日国であるのに、内容が反日に偏っている」という抗議が殺到した。

日向英実放送総局長は会見で、「番組を恣意的に編集したことはない」と反論。だが、報道出身のNHK職員は「植民地政策は悪、という結論ありきで番組が作られた印象は否めない。この件に限らず、福地会長になって、制作現場が作りたいものを作れるようになった。それゆえ現場が暴走し、色がついたものになる危険性がある」と警告する。

NHKと取引のある番組制作会社社長は、番組の民放化を懸念する。「深夜帯の若者向け番組など、民放を意識しすぎではないか。視聴者満足の方向性を間違えると、視聴者のテレビ離れが一気に加速する可能性がある」。

現場が自由な雰囲気に変わりつつある一方、暴走は防がなくてはいけない。福地会長の手綱さばきが試されている。

(中島順一郎 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT