原油安が環境政策に与える「負のインパクト」

米国では燃費の悪いトラックやSUVが人気

原油安は、運輸や工業における代替燃料(バイオ燃料など)への切り替えも遅らせている。アフリカや東南アジアなどの農村部に発電機を広める努力でも、再生可能エネルギーではなく軽油の魅力が増している。

代替エネルギー産業は、政府の支援が縮小すると立ち行かなくなる危険もはらんでいる。

スペインでは、経済難により2009年に政府の支援が縮小されて以来、再生可能エネルギーの開発が鈍化した。イギリスでも、再生可能エネルギーに対する補助金が減り、大規模なプロジェクトが取りやめになるなど、風力・太陽光発電業界が崩壊する危険がささやかれている。

原油安が与えるプラス・マイナス、両方の影響

米国でも2013年、大掛かりな税制上の優遇策が一時的に失効した結果、ウィンドファーム(風力発電所)の新規建設は前年比92%減と、大幅に減ったことがある。

「政府は、化石燃料が安くなっても、(再生可能エネルギーに対する)適切な補助金を維持する必要がある」と、クリントン政権でホワイトハウス気候変動タスクフォースのメンバーだったポール・ブレッドソーは語る。

原油安は、再生可能エネルギーの導入にプラスとマイナス両方の影響があると、推進派は指摘する。

「諸刃の剣だ」と、カリフォルニア大学デービス校エネルギー&持続可能性研究所のエイミー・マイヤース・ジャフィー所長は言う。原油安(供給過剰)で新規掘削への投資は減るから、掘削によるメタン(強力な温暖化ガスだ)の排出量は減る。しかし石油が安くなったおかげで、「再生可能エネルギーへの切り替えは明らかに鈍化した」。

また、ガソリンが安くなれば、車での移動がより魅力的になると、ジャフィーは指摘する。

「電気自動車には大打撃だろう。消費者が電気自動車に目を向ける大きな理由のひとつは、もう高いガソリン代を払いたくないという思いなのだから」

(執筆:Clifford Krauss記者、Diane Cardwell記者、翻訳:藤原朝子)

© 2016 New York Times News Service
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。