明治人の姿 櫻井よしこ著

明治人の姿 櫻井よしこ著

現代社会の混迷の原因はかつて存在した価値観や美徳を受け継がないことにあるのではないか。著者自身の愛読書の杉本鉞子(えつこ)著『武士の娘』に、現代人が忘れてしまった明治人の気概や美徳を読み解く。

長岡藩の筆頭家老の娘として生まれた鉞子は貿易商を営む夫とアメリカで暮らし二人の娘を育てるが、夫が病死。生活のために自伝的エッセイ 『A Daughter of the Samu‐rai』(邦題『武士の娘』)を著し、ヨーロッパなどで翻訳され大きな反響を呼ぶ。鉞子と同じ長岡で多感な10代を過ごした著者も大きな感銘を受けたといい、21世紀の国際社会が大きく変わりつつある今、日本の深い文明に学び、世代を超えた価値観を受け継ぐことの大切さを説く。

小学館101新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの統計の裏側
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。